Q、冷たい物が「ピリッと」しみます。歯ブラシしてれば大丈夫ですか?
A、症状だけでは判断できません。放置せずに歯医者さんに相談しましょう。

 

冷たい物がおいしい季節、よく皆さんから冷たい物がしみるとのご相談があります。テレビでよく知覚過敏(知覚過敏症)のCMをやっていますので、思い当たる人もいるのではないでしょうか?一般的に冷たい物で歯に痛みを感じる場合や、歯ブラシの毛先があたると症状が一過性に出る場合、知覚過敏を疑いますが、歯に病的な状態や歯の神経に炎症状態がない場合に知覚過敏であると判断します。原因は象牙質の露出にあります。通常のエナメル質(歯の表面)は外部からの刺激を遮断してくれますが、その内側の象牙質がお口の中に露出すると知覚過敏の症状がでます。たとえば、歯のエナメル質がすり減って象牙質が出てきたり、酸性の食品を多くとる事でエナメル質が溶けたり、歯の詰め物が取れたりしても起こります。特に多いのは歯肉が下がり歯の根が見えてきたときでしょうか。歯の根は象牙質でできており、刺激を通しやすいので症状が出やすいのです。また、症状の強い知覚過敏は放置すると歯の神経が炎症を起こし、歯髄炎になる事もあります。一般的に治療法は露出した象牙質を詰め物で被覆する方法から、コーティングのお薬を塗る方法、レーザー治療など、多岐にわたります。ご自身の歯にどの治療法が最適かは、歯医者さんに相談してください。今日からもっとビールがおいしくなるかもしれませんよ。

 

市川市歯科医師会広報担当理事 浜田 寛