市川市歯科医師会では「健康はお口から」をあいことばに、「口腔がん」検診などの検診事業をはじめ、地域医療と訪問歯科診療に貢献しています。

口腔がんへの取り組み

  • HOME »
  • 口腔がんへの取り組み

口腔がん検診をご存じですか。

553[1]「口腔がん」をご存知でしょうか?お口の中にできるほとんどの「がん」を、そのように呼びます。舌に最もできやすいと言われています。「口の中にできるなんて…」と驚く方が多いかもしれませんが、我々は毎日食事をし、飲み物を飲みます。その一つ一つが刺激になり、「がん」が発生させることがあるのです。口腔がんは「慢性の刺激」によって引き起こされると言われます。度を越えた飲酒や喫煙、刺激物の摂取などがよい例です。また合わない入れ歯を長期に使うことでも起こりえます。また、治療してないむし歯や、詰め物がとれたままにしている歯があると、とがっている部分が舌などにあたり、慢性の刺激になりがんを引き起こす可能性があります。初期の口腔がんは非常に判断が難しく、口内炎のような症状を呈することがほとんどです。通常、口内炎は7~10日で治ると言われていますので、2週間以上治らなければ、専門家に相談する必要があります。

もしも「口腔がん」になってしまったら

口腔がんは他のがんと同様に、治療が必要です。残念ながらそのほとんどは「切除」する外科療法がメインになります。ですから小さなうちに「がん」を発見できれば、それだけ切る部分が少なくて済むのです。がんが大きくなると、舌を半分以上切る手術が必要だったり、あごの骨をとらなくてはいけなくなる事もあり得るのです。そうなると、日常の生活でも食べること、話すことなどに支障をきたす場合があります。また、他の部位に出来るがんと同様に、転移することもあるのです。肺や内臓などに転移する可能性は否定出来ません。

では、どうすればよいのでしょうか?

ではどうすればよいのでしょうか?もちろん、先ほどお話させていただいた、慢性の刺激は避けていく必要はあります。タバコは吸わない、飲酒は度が超えないように注意する。入れ歯を入れている方は痛い場所があれば、お近くの歯科医院に相談する必要があります。もちろん治していないむし歯などがある場合も治療が必要です。お口の中は常に清潔に保っておく必要があるのです。

一般社団法人 市川市歯科医師会 TEL 047-334-5391 受付時間 9:00 - 17:00 (土日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 市川市歯科医師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.